精密機器メーカー向け転職エージェントランキング

精密機器メーカーに転職をお考えなら

日本の精密機器メーカーは世界に誇る技術を要しており、今後ますます発展していくであろうと予測されています。転職先としても人気がありますので有名企業となるとさらに競争率は高くなります。

転職エージェントDODAエージェントサービスなら、精密機器メーカーの求人情報ももちろんカバーしていますし、何より転職のプロのサポートを受けられるのが心強いです。転職成功実績も豊富なのであなたの転職活動に必ず役立ってくれますよ!

精密機器メーカーの求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAでは、非公開求人にてさまざまな企業の求人を掲載しています。そのため、数えきれないほどの精密機器メーカー求人を見つけることができるでしょう。また各企業の先輩たちのインタビューも掲載されているので、”どんな企業か”というのをしっかり把握することができます。求人の掲載が分かりやすいですから、エントリーも簡単でしょう。『転職成功ガイド』で転職に必要なこと、ランキングデータなどをチェックすることができます。

リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
精密機器メーカーの求人を探すなら、リクルートエージェントも利用しやすいでしょう。それは多数の非公開求人をはじめ専任のアドバイザーがしっかりサポートしてくれるからです。自分に合った職種を見つけることは簡単ではありません。だからといって、いつまでも転職に時間をかけることはできません。リクルートエージェントは職種・勤務地・業界から検索できるので分かりやすいですし、面接のノウハウで総合的にサポートしてくれます。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
高い転職支援実績を持っているマイナビ。精密機器メーカーの求人はもちろんのこと、さまざまな企業の求人を公開・非公開で掲載しています。また精密機器メーカーの平均年収ランキングも掲載されているので、どの企業がもっとも高収入になるのかというのも調べることができます。さらに、転職を成功へと導くワンランク上の面接対策、専門キャリアアドバイザーによって選択肢を広げ新たな可能性を提案してくれます。これからますます好条件な求人が増えることでしょう。

パソナキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職活動を全面的にサポートしてくれるパソナキャリア。精密機器メーカーの求人や転職情報では、仕事の特徴や強みなどを説明しており、分かりやすい求人掲載で選択しやすいでしょう。また、パソナキャリアは非公開求人が多く、その割合は約8割にもなります。そのため、一般の求人サイトでは掲載されていない情報が満載。さらに専任のアドバイザーが付いているので、最後までしっかりサポートしてくれるでしょう。登録無料、待遇や交渉もスムーズなのもメリットです。

type転職エージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
スキルアップが期待できる人気の転職エージェント『@type』。利用した多くの方が年収アップしており、前職の年収に不満がある方にピッタリでしょう。また精密機器メーカーの求人も大手から中小企業までさまざまな分野の求人が掲載されています。主に非公開求人が多いため選択肢も幅広く、自分では見つけられない求人も専任のキャリアアドバイザーがいるので安心です。企業説明が細かく記載されているので、希望の転職先を見つけやすいのもメリットでしょう。

精密機器メーカーは転職しやすい?

職種によって『転職しやすい』『転職しにくい』のがあるのは知っていますか?精密機器メーカーはいろんな分野があり、比較的転職しやすいといわれています。しかし専門職なので、実績や能力などが求められる場合があります。もちろん、未経験者で転職し、働きながらスキルを上げることもできます。まずはどんな分野の精密機械メーカーがあり、どんな条件を重視しているかチェックしてみましょう。

ちなみに、精密機器メーカーでもっとも売り上げが高いのは『ニコン』『オリンパス』『テルモ』などが挙げられます。大手から中小企業までいろんな企業があるのが特徴です。

先にも述べたように、ひと口に精密機器メーカーといってもさまざま。医療機器メーカー・光学機器メーカー・時計メーカーと主に3つ挙げられますが、この中でもっとも転職しやすいといわれているのは医療機器メーカーになります。というのも、医療機器メーカーは世界的に市場が増大しているからです。高齢化を抱えているのは、何も日本だけではありません。世界中でこの問題を抱えており、医療施設を設けている先進国では医療機器が非常に重要になります。また将来的に見ても医療施設は増加傾向にありますから、医療機器メーカーの需要はさらに高まり多くの人材が求められるようになるでしょう。

精密機器メーカーは、全体的にも好調といわれています。そのため毎年多くの求人が出されますが、同時に競争率が高くなり転職がスムーズにいかないというデメリットもあります。特に大手企業になると中小企業よりも競争率が高くなるため、なかなか転職が成功しないという可能性もないとは言い切れないでしょう。

では、転職を成功させるためにはどんなことを意識すれば良いのでしょうか?それは、”幅広い視野を持つ”ことです。さまざまな分野の職種がありますが、ひとつの分野に絞ってしまうと転職先が決まってくるため成功しにくくなるといわれています。実際、医療機器メーカーに他の精密機器メーカーが参入することも少なくありません。そうなると、ひとつの分野だけ特化していてもメリットは少なくなってしまいます。ですから、いろんな事業について知り、視野の範囲を広げてあげることが転職先の選択肢を増やすことができるといえるでしょう。もちろん専門性も高い職種ですから、技術力やアイデアなど企業を支えるスキルを持つことも重要になります。

企業にとって必要となる人材になることが転職に成功するコツでしょう。

精密機器メーカーの求人倍率は?

結論からいいますと、精密機器メーカーの求人倍率は高いといえます。特に大手企業は競争率が高く、なかなか就職・転職できないというケースも少なくありません。将来的に安定しているのは転職する上で助かりますが、求人倍率が高いのは入社するまでが大変です。

でもなぜ、精密機器メーカーの求人倍率は高いといわれているのでしょうか?それは、各企業が大幅な増収となっているからです。なかでも医療機器メーカーは、数年で大きく増加しており、日本国内のみならず先進国にも貢献しています。そういったことから求職者が増え、どんどん求人倍率が高くなってしまったのです。企業としては非常に有り難いことですが、なかなか就職・転職できないのは困ったもの…。では、どうすれば就職や転職を成功させることができるのでしょうか?

それは、自己PRや志望動機でしっかり自分をアピールすることです。求人倍率が高くても、採用されればこっちのもの。そのためには、いかに面接で自分をアピールできるかが重要になってきます。専門性が高い業種であるため専門的知識が求められるイメージがありますが、残念ながらそれだけでは採用されません。前職がどんな職種であっても、そのときの経験や能力がいかに企業に活かせるかが重要になってきます。実際、精密機器メーカーに転職する前はまったく異なる企業に勤めていたという方もいます。また、精密機器メーカーには営業もあります。営業で得た知識や能力を存分にアピールすることができれば、企業にとって必要な人材となり採用されやすくなるでしょう。研究や開発であれば、他にないアイデアを考えることができる、研究熱心など必要とされます。

もちろん、ひとつの知識だけが特化していてもNGです。というのも、精密機器メーカーは時に他のメーカーが参入する場合もあります。たとえば、医療機器メーカーに光学機器メーカーが参入するというケースです。この場合、医療機器メーカーのスキルだけ高くても活かせることは半減してしまいます。ですから、幅広い視野を持つことも、必要な人材として求められやすくなるでしょう。

求人倍率が高いと、先にも述べたように『なかなか就職・転職できないのでは?』と不安になる方も多いと思いますが、採用できるポイントを事前に押さえておけば、採用される確率は高くなるでしょう。将来性がある業界だからこそ、転職に成功すれば安心して働くことができます。

まずは、各企業の特徴や強みをチェックしてみてください。


Copyright (C) 2017-2018 精密機器メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.