精密機器メーカーの転職と志望動機

精密機器メーカー転職TOP >> 精密機器メーカーの転職の基礎 >> 転職と志望動機

精密機器メーカーの転職と志望動機

転職する上で『志望動機』は重要になります。しかし、いざ志望動機を書こうと思っても、何から書けばいいのか悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。自分をアピールしようと、あれもこれもと書きすぎて長文になってしまった…という方も少なくないでしょう。志望動機は、短い言葉で分かりやすく伝えるのが大切です。ただダラダラと書いても、残念ながら面接官には伝わりません。そこに気をつけて、精密機器メーカーに転職する志望動機を考えましょう。

まず、転職理由に立ち返って考えてみましょう。志望動機と転職理由は異なりますが、転職理由が何なのかを再確認し志望動機を考えることで、『何から書けば良いか分からない』というのを回避できます。要するにスムーズに志望動機が書けるようになるのです。次に具体的な体験を分かりやすく伝えましょう。精密機器メーカーは、専門職です。専門性が高いほど有利になりますが、過去の体験をきちんと伝えることができなければ水の泡になってしまいます。企業に応募する理由を見つけたら、”なぜそう思うのか”というところまで掘り下げ、具体的な経験を考えましょう。リアリティがあるほど相手に伝わりやすくなります。

ここで注意してほしいのは、企業の魅力だけで占めてしまわないことです。企業の魅力とは、事業内容や商品、業績やシェア、社員や社風などが挙げられますが、自分のアピールポイントよりも多く話してしまうと、企業への興味ではなく社員や社風のみで選んだのだ、と思われてしまう可能性があります。バランスでいうと、企業の魅力2、自分のアピールポイント8といったところでしょうか。自分ならではのエピソードを加えながら企業の魅力を伝えることで、分かりやすい志望動機になります。

また、転職は『第二新卒者』です。前職と業種が異なる場合、特に『なぜ精密機器メーカーに興味を持ったのか』が重要になります。ですから、明確な転職目的から、”前回ミスマッチだった点”を織り交ぜながら志望動機を考えるようにしましょう。専門職なため未経験者の募集は少ないですが、決して未経験者は不可というわけではありません。この場合は前途の内容をきちんと伝えるようにしてください。

企業にとって必要な人材は、”向上心があり積極的に研究開発に携わる意思がある人””長期的に働ける人”です。たとえ実績があっても、すぐに辞めてしまう人は求めていません。ですから、あまりかっこいいことばかりいわないように注意しましょう。

精密機器メーカーの求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 精密機器メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.