精密機器メーカーの転職と自己PR

精密機器メーカー転職TOP >> 精密機器メーカーの転職の基礎 >> 転職と自己PR

精密機器メーカーの転職と自己PR

自己PRがきちんと書けていると、面接官にも伝わりやすく転職で有利になります。『自分をアピールすれば良いんでしょう?』と簡単に思われがちな自己PR。しかし、ただ自己PRを書けば良いというわけではありません。精密機器メーカーという専門性の高い職種は、いかに分かりやすく、そして実績やキャリアをアピールできるかがカギになります。

自己PRのポイントをまとめると、先ほどの『キャリアや実績』以外に『スキルや資格』『やる気や人間性』なども挙げられます。転職は第二新卒者です。過去に精密機器メーカーで働いたことがある方は、どんどんキャリアや実績をアピールしてください。ただ”なぜ転職しようと思ったのか”というのも聞かれますので、そこも明確にしておかなければいけません。間違っても、『給料が低かった』『人間関係で上手くいかなかった』ということは避けましょう。前職で経験したことを活かしたいというのがしっかりアピールできれば、好印象になる可能性は高いでしょう。

次にスキルや資格ですが、精密機器メーカーに合致するものであるかで大きく変わってきます。たとえ持っているスキルや資格が企業と合致しなくても、持っている資格をどれだけ企業に活かすことができるか、貢献することができるかという前向きな姿勢が伝われば良い自己PRといえるでしょう。

そして、やる気と人間性です。たとえ企業に適したスキルや資格を持っていても、やる気がなければ採用は難しくなります。逆に、特別なスキルを持っていなくても、向上心があり積極的に取り組む姿勢が伝われば、採用してもらえる場合があります。実績や能力があっても、すぐに辞めてしまうような人材は求めていません。そこをきちんと理解して、やる気や人間性をアピールする必要があります。企業にとって必要だと感じる人材は、”責任感がある””覚悟がある””使命感がある”などです。自己PRでこれらを記入していると、好印象が予想されるといわれています。

ひと口に精密機器メーカーといってもさまざまです。医療機器メーカーであれば当然医療機器に携わることになりますし、光学機器メーカーであればカメラやコンピュータに携わることになるでしょう。それぞれの専門知識も重要ですが、それよりも先にも述べたように責任感や使命感、向上心などがあるという自己PRのほうが採用率は上がります。それに加え精密機器メーカーに関する専門知識がある方、実績がある方であれば尚採用率は上がるでしょう。

精密機器メーカーの求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 精密機器メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.