精密機器メーカーの離職率

精密機器メーカー転職TOP >> 精密機器メーカーの転職の基礎 >> 離職率

精密機器メーカーの離職率

精密機器メーカーの離職率は、低いといわれています。それは、精密機器メーカーが幅広いからかもしれません。ひと口に精密機器メーカーといっても、医療機器メーカーや光学機器メーカー、時計メーカーなどいろんな企業があります。それぞれが世界中で役立っており、衰えることを知りません。そのため、精密機器メーカーは将来的に見ても安心して働ける企業といわれています。もちろん、企業によって特徴は異なりますから、なかには離職者が多い企業もあるでしょう。しかし、精密機器メーカー全体で見ると、離職率は低くバランスが取れているといえます。

実際、シェアの高い精密機器メーカーを見てみると、それぞれの平均的な勤務年数はどこも10年以上。なかには15年以上のところもあり、多くの人が『長く働ける』と評価しています。またどこの企業も歴史のあるところばかりです。古くから受け継がれている企業ということは、それだけ離職率も低いということになります。離職率が高くなると、当然その企業は長く続きません。ですから、精密機器メーカーは全体的に見ても離職率が低く、安心して働ける企業が揃っているといえるでしょう。

ちなみに、精密機器メーカーの規模は全業界でベスト50に入るといわれています。これは、医療機器や時計といった精密機器を主に取り扱うメーカーが増加に転じていることが大きく関係しています。医療機器メーカーに関しては、ここ数年で大幅に増収しています。これは、近年の高齢化が進んでいることが関係していますが、将来的にも高齢化が進むことを考えると、医療機器メーカーの勢いは留まることを知らないといっても過言ではないかもしれません。もちろん、時計メーカーや他の企業も同様です。未来のある業界として、どんどん求職者が増える可能性も高いでしょう。

とはいえ、医療機器メーカーや時計メーカーもいろんな企業があります。大手企業もあれば中小企業もありますので、そのなかでいかに長く働けるかは、各企業の特徴をしっかり理解する必要があるでしょう。精密機器メーカー全体では離職率が低くでも、企業で考えると必ずしもすべての企業が安定しているとは限りません。大手企業は基本的に問題ありませんが、中小企業に転職する場合、そういった点もしっかり確認しておきましょう。また好調な業界ということで、競争率も高くなっています。そのため、なかなか転職先が決まらないということもあるでしょう。転職に成功するポイントなどもしっかり押さえておくこともオススメします。

精密機器メーカーの求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 精密機器メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.