精密機器メーカーの仕事内容

精密機器メーカー転職TOP >> 精密機器メーカーの転職の基礎 >> 仕事内容

精密機器メーカーの仕事内容

ひと口に精密機器メーカーといってもさまざまです。そのため、仕事内容も分野によって異なります。代表的なメーカーは3つ。医療機器メーカー・光学機器メーカー・時計メーカーです。なかでも医療機器メーカーは近年需要が非常に高くなっており、世界中で必要とされています。医者が治療で使用する超音波診断装置や心電計、脳波計、内視鏡などを取り扱っています。光学機器メーカーでは、コピー機やスキャナー、プラネタリウムなどを、時計メーカーでは主に腕時計を取り扱っています。もちろん、製造ばかりが精密機器メーカーの仕事内容ではありません。商品を提供しシェアを獲得するために営業も重要な仕事のひとつです。

もう少し詳しく3つの精密機器メーカーの仕事内容を見てみましょう。医療機器メーカーは、先にも述べたように営業の仕事をはじめ技術開発、事務などの仕事を行います。営業では、自社製品を紹介し、サービスの提案を行いますが、臨床工学技士の資格を持っている人は、カスタマーサービスやアプリケーションスペシャリストなどの営業支援に携わることもあります。技術開発では、製品の開発や研究などに携わる仕事です。事務では、総務や人事、経理など会社のバックアップを行う重要な仕事を行うことになります。

光学機器メーカーでは、カメラや顕微鏡などの機器を製造する仕事です。医療分野にも携わっており、たとえば内視鏡やコンタクトレンズなどは光学機器メーカーが製造しています。また携帯電話や家電製品、コンピュータの製造や販売も行っていますから、光学機器メーカーといっても仕事内容はさまざまです。

時計メーカーは、時計の製造はもちろんのこと、修理や販売なども行います。医療機器メーカーや光学機器メーカーとは少しかけ離れていますが、立派な精密機器メーカーのひとつ。協力会社や社内の各部署と連携し仕事をこなすのも大切な業務のひとつです。営業ではイベントに参加し、自社製品のサービスを行います。そのため、やはり高い専門性が求められることになります。

研究開発し、製造、販売するのは精密機器メーカーで共通しています。ただ製造するものが分野によって異なるというだけでしょう。しかし高価な機器を取り扱うメーカーであれば、より高い専門性が求められることになります。そのため、働く者は相応のスキルが必要になるでしょう。もちろん、未経験者OKのところであれば、働きながらスキルアップすることもできます。

精密機器メーカーの求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 精密機器メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.