朝日インテックの採用情報

精密機器メーカー転職TOP >> 精密機器メーカーの採用情報 >> 朝日インテック

朝日インテックの採用情報

朝日インテックはステンレス製の極細ロープを作る大阪の町工場としてスタートしました。1956年に心臓カテーテルの研究がノーベル賞を受賞し、世界中でより良いカテーテルの開発が行われていた1976年、一人の医師が朝日インテックに心臓冠動脈の慢性完全閉塞(CTO)を治療できるガイドワイヤーの開発を依頼してきたことが、医療精密機器の分野にシフトする転機となりました。海外の大手医療メーカーでも実現不可能と言われたそうですが、大阪の職人魂とCTOに苦しむ人たちを救いたいという思いで試行錯誤を繰り返し、1995年ついに日本初のCTO治療用PTCAガイドワイヤーの開発を成し遂げたのです。その後、開発依頼をした医師たちが次々に朝日インテックのガイドワイヤーを使ってCTO治療を成功させ、現在では世界の至る所で病気に苦しむ人たちの命を救うために用いられています。

朝日インテックは今や世界中に拠点を持つグローバルな企業になりましたが、今でも大阪の町工場時代に培った現場力を大切にしています。朝日インテックでは、新製品の開発にあたっては何度も医療現場に赴き、医師たちのニーズを真剣に聞き、0からモノづくりに取り組んで、何度でも試作品の改良を行う情熱のある人が求められています。朝日インテックの製品は発展途上国を含め世界中の医療現場で使われていますから、日本とは違う現場のニーズを吸い上げるには、社員がグローバルな視点を持っていることも大切です。

朝日インテックの新卒採用では、研究開発・生産技術・品質保証・知的財産などの技術系と事務系で募集があります。技術系では、機械系・金属系・応用化学系・電気電子系・メカトロ制御系・医学系・医工学系・医用生体工学系を専攻した人を積極的に採用していますが、ほかの学科を専攻してきた人でもエントリーできます。高専・学部・修士・博士課程を修了見込みの人が対象です。事務系には理系文系を問わず応募できます。

朝日インテックの本社は愛知県名古屋市内ですが、技術系の場合は愛知県瀬戸市・大阪府和泉市・静岡県袋井市の工場や研究所での勤務です。技術系も事務系も国内で経験を積んだ後、世界各地の営業所や子会社の工場に転勤する可能性があります。就業時間は休憩1時間を含む9:00〜17:45、ボーナスは年2回支給され、年間休日122日で、基本は完全週休二日制ですが、年に3回ほど土曜日も出勤する日があります。福利厚生にはプロ野球とJリーグの観戦シーズンシートの利用が含まれています。

精密機器メーカーの求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 精密機器メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.